自治体法務の備忘録(New)

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。

自治実務セミナー「自治体職員と地方自治法」

 月刊「自治実務セミナー」最新号の地方自治法施行70周年記念特集に「自治体職員と地方自治法 地方自治法をどのように学ぶか」の題でに寄稿させていただきました。
 特集の執筆陣は、安田充総務省自治行政局長、板垣勝彦先生(横浜国立大学)、磯崎初仁先生(中央大学)とそうそうたる皆さま。
 特集の末席を汚す身で何が書けるかと緊張しましたが、職員の立場に立って、「難しそうな特集だったので、kei-zuさんの文章から読み始めました」と言われようと思ったら肩から力を抜くことができました(それでもいつもより改稿は重ねています)。
 機会がある方は、お目通しいただけたら幸いです(^^