自治体法務の備忘録

管理人のTwitterは、@keizu4080

有害図書自販機規制 大間々町が条例化

 大間々町は、十日開会の六月定例会に、自動販売機による有害図書販売を規制する独自の条例案を提出する。県内市町村レベルでは初の試み。町青少年健全育成団体やPTA連合会などが連携して、町側に条例制定を申し入れて実現した。
http://www.chunichi.co.jp/00/gnm/20050609/lcl_____gnm_____004.shtml

 全国2位の状況というのは、市場として需要があるわけで、事業者も生活がかかっているわけでありましょうから、規制的な条例を制定するばかりではなく、どのように棲み分けて行くかという仕組み作りが行政の役割であるのかな、と思ったり。