自治体法務の備忘録

管理人のTwitterは、@keizu4080

要綱なのか条例なのか

 さて、上記の勉強会。
 昨今、注目を浴びているところの住民基本台帳の閲覧規制について、千代田区等が解釈に基づく実務取扱いとして要綱で対処しようとしているところ、自治体議会において議員提案の条例とされているものも見受けられる。
 司法の場になれば、行為の根拠が要綱であろうが条例であろうが適法違法の色分けにはそれほど影響がないと思えるものの、議員提案条例としての制定は、長の事務取扱いを法的に義務づけることになる。
 これは、学問的な条例制定権の範囲の問題のみならず、市政の具体的な運営に関して議会の関与が明確化された一面ではないか、の指摘にうなづく。