自治体法務の備忘録

管理人のTwitterは、@keizu4080

解体が決まっている都城市民会館が建築10選に選ばれる

 老朽化などのため、解体が決まっている都城市民会館が、近代建築の保存などに取り組む建築家の国際組織「DOCOMOMO」(本部・パリ)日本支部の2006年度選定建築10選に選ばれた。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/045/045_07080901.htm

 記事に掲載された写真を見ると奇観が個人的な好奇心を刺激してやみませんが、維持管理費は年間7000万円を超え、昨年12月に実施したアンケートでは市民1812人のうち82・9%が解体を求めたとのこと。なかなか難しい問題ですね。