自治体法務の備忘録

管理人のTwitterは、@keizu4080

太田と深谷、飛び地解消へ 6月に市議会 群馬

 太田市は26日、利根川を挟んで飛び地状態になっている同市南前小屋地区の埼玉県深谷市編入と、深谷市高島地区の太田市編入について、6月8日から行われる市議会定例会に境界変更などの関連議案を上程すると発表した。
(略)
 両市は今後、9月に両県議会に境界変更に関する議案上程を依頼し、12月には関係4自治体の議決を総務大臣に届け出る方針で、来年3月に国の決定・告示で編入が正式決定する見込みという。

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/gunma/090527/gnm0905270328002-n1.htm

 県境を跨ぐ境界変更ですから、市議会だけではなく、県議会の議決も必要なわけですね。

地方自治法
〔市町村の廃置分合及び境界変更〕
第七条 (略)
2 (略)
3 都道府県の境界にわたる市町村の設置を伴う市町村の廃置分合又は市町村の境界の変更は、関係のある普通地方公共団体の申請に基づき、総務大臣がこれを定める。
4 前項の規定により都道府県の境界にわたる市町村の設置の処分を行う場合においては、当該市町村の属すべき都道府県について、関係のある普通地方公共団体の申請に基づき、総務大臣が当該処分と併せてこれを定める。
5 第一項及び第三項の場合において財産処分を必要とするときは、関係市町村が協議してこれを定める。
6 第一項及び前三項の申請又は協議については、関係のある普通地方公共団体の議会の議決を経なければならない。
7 第一項の規定による届出を受理したとき、又は第三項若しくは第四項の規定による処分をしたときは、総務大臣は、直ちにその旨を告示するとともに、これを国の関係行政機関の長に通知しなければならない。
8 第一項、第三項又は第四項の規定による処分は、前項の規定による告示によりその効力を生ずる。