自治体法務の備忘録

管理人のTwitterは、@keizu4080

共同規則(規則・教育委員会規則)はありえるか

 「文部科学省令・厚生労働省令」のように、国の省令には複数の省庁で共同して発せられるものがあります。
社会福祉士介護福祉士学校指定規則(平成20年3月24日文部科学省厚生労働省令第2号)http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H20/H20F20002001002.html
 自治体の規則でも、複数の執行機関で共同して規則を制定することができないかと聞かれたことがありました。複数の施設が「同居」する複合施設の管理についてであったと思います。
 省令も「規則」という名称なので紛らわしいのですが、自治体で執行機関をまたがる「規則」を制定できるかについて、私は否定的です。というのは、首長規則と教育委員会規則は根拠が異なるからです。

地方自治法
第十五条 普通地方公共団体の長は、法令に違反しない限りにおいて、その権限に属する事務に関し、規則を制定することができる。
2 (略)

地方教育行政の組織及び運営に関する法律
教育委員会規則の制定等)
第十四条 教育委員会は、法令又は条例に違反しない限りにおいて、その権限に属する事務に関し、教育委員会規則を制定することができる。
2 (略)

 選挙管理委員会など他の行政委員会は規則制定権が法定されていないことからも*1自治立法としての「規則」制定の形式的な自由度は限定的であろうと考えるところです。

*1:もちろん、内規にルールとして「規則」の名称を付すことは可能でしょう。為念。