自治体法務の備忘録

管理人のTwitterは、@keizu4080

起案の記述順序

 法規担当だったときは、例規や要綱の改正に関する起案を拝見することが少なからずありました。
後輩「kei-zuさーん、見てくださーい」
 結構多かったのが「経緯」→「現状」→「課題」→「解決策」の順による記述です。
私「だめ、やり直し」
後輩「え」
私「まず『○○要綱を改正してよろしいか伺います』と書いた上で、『改正内容』と標題を掲げて内容を箇条書きにし、次に改正が必要な背景を書きなさい」
後輩「全部ひっくり返すんですか?」
私「これじゃ起案文書2枚目の終わりにならないと何がしたいかがわからないじゃない。俺が専決者だったら、何を判断すればいいんだって怒るよ」
 昔、怒られたことがあるのはナイショです。