自治体法務の備忘録(New)

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。

藤城清治展影絵展「幸せをよぶ光」

 照明を少し落とした会場に足を踏み入れると、影絵の鮮やかな色彩が目に飛び込んできました。
 毎年、銀座の教文館で開催される展覧会に足を伸ばすのが、我が家の恒例となっています。高校生や中学生になった子どもたちも、部活の合間に参加してくれました。
 公式サイトはこちら→http://www.kyobunkwan.co.jp/ein-karem/archives/weblog/7-25-10-15
 作者のトレードマークである、目の大きなこびとには、懐かしい記憶をお持ちの方も少なくないでしょう。91歳になりながらもなお発表される新作を楽しみにしてか、場内のお客さんはいっぱいでした。
 なお、印刷物では、この美しさは体験できません。影絵の前に水面が張られ、そこに写る色彩が揺らめく美しさといったら!
 開催は10月半ばまで行われています。ご興味ある方は、訪れてみてください。