自治体法務の備忘録(New)

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。

自治体学会堺大会分科会「無縁化時代の墓地行政~政策法務の観点から」

f:id:kei-zu:20190828001051j:plain

 8月24日(土)開催の自治体学会堺大会分科会「無縁化時代の墓地行政~政策法務の観点から」、コメンテーターの大役を無事終了いたししました。

 少子高齢化、高齢者ケア、嫌悪施設を含めた都市計画、環境行政、法律の自主解釈権などなど、限られた時間の中で多くの論点が確認できました。

 私は、8月議会の準備で慌ただしい中、前日の夜半に大阪に到着したのですけれど、他の登壇者は、朝、伊丹空港から現地された方もおり(^^;

 当日の進行は、スタッフの皆さまに助けられました。誠にありがとうございます(・∀・)