自治体法務の備忘録(New)

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。

木根さんの1人でキネマ

私「え、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」見たことないの?」
 後輩の頷きに愕然。「TVの洋画劇場で、見たことがあります」と、別の後輩。世代の違いを感じます。

あ…あんた 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」見たことないの?
(略)
例えば「ターミネーター」や「スター・ウォーズ」 どっちも最高だけど苦手な人がいるのは分かるわ
でも「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は 青春 ロマンス アクション 友情
老若男女 全ての人の冒険心をくすぐるオールラウンダー
そう 食べ物で言ったらカレー! 食べたことない奴も嫌いな奴もいないでしょ?
(124〜125頁) 

 主人公である木根さんは、30代半ばの独り暮らし。仕事をバリバリこなし部下からも慕われる課長さんですが、密かに、SFやホラー、アクション映画を愛する映画ファンです。
 人に言い難い趣味を持つ彼女の家に、職場の同僚(女性)が転がり込んで来たことから、彼女の生活に大きな変化が訪れます。
 既刊は2冊ですが、取り上げられる映画も「インディ・ジョーンズ」「スター・ウォーズ」など懐かしいタイトルが並びます。最近公開された「マッドマックス 怒りのデスロード」への木根さんの崇拝ぶりも、同作に肩入れする私には嬉しいところ。木根さん、今度一緒に映画見に行きましょう。
 冒頭の会話に戻ります。見たことないと言った後輩に聞きました。
「『ジュラシック・パーク』は?」「それは見たことあります」ここら辺が限界か。
「『E.T.』って知ってる?」「題名なら…」
 木根さーーん。